<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

Double Smiles


c0195804_23422170.jpg


奇跡のダブル・スマイル^^ゞ  from Vancouver.



明日こそ、笑顔でいられますように。



*バンクーバー在住の方からシェアさせていただきました。ありがとうございました。
[PR]

by yuru-life | 2011-03-21 23:46 | Life  

...


いまは、誰かとつながっていると感じられることで、救われる自分がいる。
一言でもメールをくれたり、Facebook に書きこんでくれる人たちの温かい言葉に救われている。

余震がいまだにおさまらず、外に逃げ出してばかり。
M9.0以降の余震でも、家のダメージが進行している。いまは為すすべがない。
余震なのか新たな地震なのか、震源地がバラバラで恐怖。
ひとりでいる時間が怖くてたまらない。
ここでさえそうなのに、被災地のことを思うと胸が痛んでどうしようもない。

悲惨な現状を伝え続けるテレビから少し離れようとするのだけれど
水道が復旧したとか、原発はもう心配ないとか、少しでも明るいニュースがないかと
結局は見ながら待ち続けてしまう。メンタルがおかしくなる。

あまり報道されてはいないが地割れやビル半壊などの被害のあった東京。
被災地に比べれば、首都圏近辺の人的物理的被害ははるかに軽微だが
停電や交通機関のマヒ、物流の鈍り、買い占め品薄などで怒号がとびかうほど
世間はパニックで混乱状態、ここもまた、”現場”だ。みんな生きるために必死だ。

だが、暖かい家があり家族が無事でじゅうぶん食事をとれる人たちまでもが
不安を煽るような行動をしてはいけないし、
いま命を賭けて必死にライフラインを支えてくれている人たちまでも責めないでほしい。

淡々と、今、できることをしなければ。
冷静に、いつもどおりに。
ちょっと不便だけど、原発に関する政府発表に疑心暗鬼になってしまうけれど
怖くて逃げ出したくなる気持ちをおさえて、いつもどおりにしよう。


そうだ、パンを焼こう。
ガス・オーヴンも電気を使うから、停電になる前にね。

いま買おうにもなかなか売ってないしね。

*私のSOS要請に応えてくれて、関西から応援物資が届いた!感謝!!
 九州の知り合いからも送るよ~とのお申し出をいただいている。ありがたい。

[PR]

by yuru-life | 2011-03-17 16:31 | Life  

Let here be peaceful


テレビに次々と映し出される信じがたい悲惨な現状と、自分の身のまわりの異様な光景。
未だかつて見たことのないぐらいの大集団が一斉にターミナル駅へと歩く様、
ありえない台数の車で埋め尽くされた道路、地面に散乱するモノたち、異様な数のヘリ音、
非常事態宣言直後の空っぽになったコンビニ、公衆電話無料化、帰宅難民数万人、、、
首都圏のすべての交通機関をストップさせた災害が、未だかつてあっただろうか。

誰もが経験したことのない未曾有の自然災害が現実に起きてしまった。

立っていられないほどの大きな長い横揺れ。
余震がひどく頻発する。
電話も携帯もろくに通じず、パンク。家族の安否確認ができたのは、ついさっき。

一睡もできずに早朝に4時間かけて自宅に戻って目にしたグチャグチャな室内。
落下物が散乱し、壁がひび割れ、デッキが一部損壊していた。
そして、目と耳を覆いたくなるような被害拡大のニュース。
通電しているため、テレビで状況を把握できるありがたみを初めて感じた。
災害時、緊急時は情報が命だ。


いつでも逃げられるように靴を履きながら、グラグラとものすごい余震に耐えるしかない現在。
家がミシミシ唸っている。緊急地震速報に携帯が震える回数は数えられないほど。
もう恐怖しかない。震源地がころころ変わるのも、恐怖心をいっそうあおる。

人間は、自然の猛威の前ではあまりにも無力。あまりにもやるせなく、、、せつない。


*ご心配いただいてすみません。今のところ、無事です。余震があまりに多すぎて、怯えるたびに精神的にまいってきています。
  震源地が迫ってきている気もする。心細いな。
*週明けから輪番停電開始です。世の中が少し混乱しています。
  同時に、サバイバル・ツールになる山道具をバックパックに詰め、避難準備。
 スーパーやコンビニから米、水、パン、乳製品、インスタント食品などがいっせいに消えた。どこに行っても無い。恐ろしい。 

[PR]

by yuru-life | 2011-03-12 12:24 | Life