<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

Growing things in my mind


c0195804_18551139.jpg


c0195804_1855323.jpg

お気に入りの、メープル街道。 道の両側に背の高いメープルの木々。
木の葉からこぼれる陽の光が、とても暖かく優しく感じる場所。
ハラリと落ちてきた葉っぱが紅葉していて、確実に秋が近づいている。 季節はめぐるなぁ。



c0195804_1911226.jpg


c0195804_1913228.jpg

少し前にやった外ヨガも、ちょうどいい気候には少し過ぎて日陰では肌寒かったけれど
それでもやっぱり、とても気持ち良かった! 青い空と青い海を目の前に、木のポーズ。。。
「お気に入りの木を決めて、それになったつもりで!」 お友達ティーチャーのアドバイス。
このぐらいの人数でやると、通りすがりの方々に写真を撮られる!(汗) あらやだ。

けっこうなハイペースでヨガを続けていたのだけれど
身体の左右のバランスの悪さを確認しつつ矯正の日々。良くなったのかなー。
今後も続けないと!



c0195804_19134991.jpg

落ち着いて時間がとれた日に、本屋へ。
探し物は、ブリティッシュ・コロンビア州のネイチャーガイド。
山や森の中で出会う動物や植物などの名前が詳しく知りたくなったため。
いまいち希望を満たすピンとくるようなものは無かったのだが
専門書は別に持っているので、携帯用にと読んでいて楽しくなるようなイラスト式のものに。
持ち歩いて、ちょこちょことお勉強。いやぁこういうのっておもしろい!



c0195804_19213839.jpg

                                                 © Toshi
いつでもどこでも一緒の相棒、マイカメラ。
山に持って行ってはぶつけたり落としたりで、ちょっと可哀想な感じだったのだけれど
今日、とうとうレンズカバーのガラスが割れてしまった・・・。
何かの節目なのかな。。。 キレイにクリーニングをして復活させようと思う。



c0195804_19215958.jpg

                                                 © Toshi
ウィスラー・トリップの帰り道。ハイウェイ脇に車を停めて見上げた空は、一面の星空。
Tantalus Range の山々は、夏でも白銀の氷河をかぶっている。
反対側には、満月のものすごい光が煌々と輝いていて、なんとも幻想的な世界だった。
こんな印象的な夜空を見上げながら、未来を想う。
明日は、どんな一日が待っているのだろうか。。。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-31 19:40 | Life  

Adventure Girl


c0195804_1692097.jpg

アドベンチャー・ガール・・・ そう呼ばれてしまった。。。いや、光栄。
じっとしていないし、新しいもの見たさの冒険好き。
まわりは何かしでかすんじゃないかとドキドキハラハラしているのかもしれないけれど
本人はどこ吹く風(笑)。
怪我や失敗は数多いけれど、毎日がアドベンチャー。そうしようと思えば、いくらでも冒険できる。
同じ時間を過ごすなら、少しでも楽しく、少しでも未知を既知に、と思うのは欲張りかな。

妙にハマってしまった、この言葉。
名付けてくれたシェフ Pさんのお店でご馳走になったイタリアン・ディナーの美味しかったこと!
連日連夜の語らいで時間を共ににしてくれる人たちみんなに感謝。



c0195804_1702314.jpg

昼間、久しぶりのひとりの時間。
ちょっとしたペーパー・ワークがあって、なぜかバンクーバーで一番大きな病院の地下へと潜る。
返金手続きというのは、どこの国でもとてもややこしい。
国を跨けば、なおさら複雑怪奇。あぁ面倒くさい。投げ出したくなるが、これも冒険。忍の一文字。
こんなことまでしている日本人っているのかしらー?と思いながら。。。あぁややこしい。。。
窓口に何度も行き、電話でも交渉し、なんとかクリア。ディープな場所でのアドベンチャー・・・。


そういえば、私はよくローカルに道を尋ねられる。旅先でもしかり。
たまたま答えられるケースが多いのが幸い。ウィスラーでも行くたびに聞かれたなぁ。。。
その頻度が尋常ではなく、さすがに行動を共にしていた日本からの友人たちもビックリ。。。(笑)
「そのビーサン姿がローカルっぽく見えるんだよ!」との指摘アリ。
裸足好きだからしょうがないんだけど!

いやいや、これもアドベンチャー。
すぐに相手に反応することも、何かにつながるキッカケにもなるだろうし。
・・・と思ったら、エンドレス。


人生は、冒険なり。 
[PR]

by yuru-life | 2010-08-29 17:27 | Life  

Stawamus Chief !!!!


c0195804_15211436.jpg


c0195804_15213270.jpg

また登ってきた、スタワマス・チーフ。 今夏これで、3度目(笑)。
3回とも、ガイド兼。 バンクーバーから近く、お手軽ハイク。でもピークからの眺めは超絶景。
朝から快晴で幸先の良いスタート。(たぶん、この夏最後のピーカンDay )

先週バンクーバーにやって来た Kちんとは、ヘタレ同盟結成中(笑)。
お互い体力が無くてひぃこらひぃこらなのだが、やる気だけはある!(のよ。)
話に夢中すぎて、何度も登っているのに、ミスコースしてセカンド・ピークに行きかけてしまい
戻ってからまた登り返し(汗)。
でも、身体が比較的ラクだったのは、完全に女子ペースだったからかな。


c0195804_15314827.jpg

いつもの美味しいコーヒーとともに、山登り。 
鬱蒼とした木々を超えると、いつでも変わらず出迎えてくれる、このミルキーブルーのハウ海峡。


c0195804_15351569.jpg

私は、BC州の山々が好きだ。
山は山だし、カナダの山はカナダの山なのだけど、例えばロッキーの山々ともまたまったく違う。
植生が、日本のそれと似ていること。そして、木々から甘い香りがすること。
親近感というのか、なぜだか懐かしい香りを感じるのは、そのせいかな。
ロッキーでは感じなかった安心感が、確かにそこにはある気がする。


c0195804_15412725.jpg

ここのところクリアに見えなかった景色が、この日はクッキリパッキリ見えた。
嬉しくなって、ピークの端っこで、Downdog のポーズ!

つい最近、夏山なのに雪山ハイクができる美しい湖までのトレイルの話を聞いた。
スコーミッシュの少し先、Sea to Sky Highway からアプローチできるダイアモンド・ヘッド。
遠くに見える Mt Garibaldi 南西に位置する Elfin Lakes よ、待っておれ~。
次回は、必ずや。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-27 16:06 | Trip  

Save a Tree


c0195804_12382510.jpg

何年か前から、自分にできる範囲での Sustainability を実践中。
その中のひとつが、マイボトルを持ち歩くこと。

カナダに持ってきた左2つ。日常使いの THERMOS と、ハイク用の CAMELBAK
そして、カナダでもらった右2つ。Yogathon スポンサーからと、ヨガスタジオオリジナルSIGG

キッチンに入れ替わり立ち替わりこの4つが登場するので
家主にはボトルコレクターだと思われていたらしい。
この他にも、タンブラーやらなにやら、日本にもまだあるのだけれど(笑)。

森に入ることが多い日常。
緑が濃いので、あまり切羽詰まった問題と意識することは少ないのだけれど、これは間違い。
紙コップも、ペットボトルも、嫌い。


小さなことでも、できることから。

Save a Tree


明日もまた、大好きなあの山へ!!
自然の息吹を感じながら、ね。

c0195804_12564923.jpg

[PR]

by yuru-life | 2010-08-25 12:58 | Life  

KOOZA


c0195804_16513014.jpg

CIRQUE DU SOLEIL ・・・ 言わずと知れた、カナダが誇るスーパー・エンターテイメント集団。
サルティンバンコ、アレグリア、ドラリオン、コルテオなどなど、日本ツアーをことごとくミスしまくってきたけれど、ようやくチャンス到来。「KOOZA」バンクーバー公演に滑り込みセーフで行ってきた。

ただの"スーパー・サーカス"というイメージを覆す斬新な演出の数々。
アクロバティックな演技は、いやはや口あんぐりの絶叫系なのだけれど
時折挟まるライブ演奏とどんどん変化する舞台演出は、とても巧みでまったく飽きない。
この日の朝、バンクーバーに到着したばかりの友人たちと観賞。
手に汗握りながら「そこまでしなくてもいいよ!」と何度もオバちゃん目線でオバちゃん発言連発。
スリル満点で、こちらまで心臓バクバク。


c0195804_1742062.jpg

やっぱり舞台モノは、ライブがいい!! 舞台と客席が一体となるその臨場感がたまらない。
が、舞台上とともにバックステージやスタッフの動きが気になるのは、やっぱり職業病か!?(笑)

日本にも、来年2月に上陸とか。
夢幻想の世界観がよく表現されていてアッパレ。子供も大人も楽しめること間違いナシ!オススメ。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-24 17:06 | Event  

Ucluelet


c0195804_16333521.jpg

ロッキーから深夜に帰ってきた翌朝、間髪入れずにウィスラー方面へ弾丸デイトリップ。
しっかりまたまたチーフに登って、ヘロヘロになってスッテンコロリンしながら(笑)傷だらけで下山。
アルタレイクやヴィレッジをまわり、またまた深夜に帰宅した翌朝、間髪いれずに今度は島へ。
ハードスケジュールが恨めしい・・・。

ユクルーレット。トフィーノよりも観光地化されていない素朴な雰囲気が好き。
今回は、シーカヤック・トリップ!!


c0195804_16394420.jpg

オンタリオからやって来たベッキーちゃんの案内で、いざ、ユクルーレット・ハーバーを出発。


c0195804_1642651.jpg

晴れ女には珍しく雨が少しだけ降っていたけれど、どうせ濡れるから気にしないもんねー。


c0195804_1642299.jpg

紫色のStarfish。。。ベッキーちゃんは日本語でヒトデをしきりに言いたがり、発音特訓(笑)。


c0195804_16441690.jpg

スライムみたいな Sunflowerfish。。。触った感触が、ちょっと気持ち悪い・・・。
ヒトデを食べる生物なのだそうだ。


c0195804_16513833.jpg

白頭鷲、、、過去3回の来訪で一番数多く見ることができた。ラッキー。


c0195804_16534992.jpg

California Sea Lion が陸に上がって休憩中~  姿かたちがとってもユーモラス。
こうやって、ここにまでくるアシカは、オスだけなのだそうだ。
こんなに間近で野生のアシカを見ることができるなんてビックリ!
その前にも、カヤックのそばで頭をぴょこぴょこ出している大きな別のアシカも目にしていた。

それにしても、いつもアシカとアザラシの違いがよくわからなくなるなぁ(笑)。
今回も、ベッキーちゃんに質問攻め(笑)。スミマセン・・・・


c0195804_176263.jpg

よりネイチャーなカナダを知ることができるアイランドの旅は、やっぱり元気になれる!
濃い自然と、野生動物の宝庫にて、エナジーチャージ!!
[PR]

by yuru-life | 2010-08-23 17:07 | Trip  

Plain of Six Glaciers


c0195804_16295130.jpg

氷河を間近で見てみたい!一心で選んだトレイルは、Plain of Six Glaciers
本当は、BC州側のヨーホー国立公園内のトレイルを登ろうと思っていたが
装備不十分&体力不足(すでに疲れピーク。笑)により断念。
でも結果的に、余力を残す楽しいハイキングになった。


c0195804_16332225.jpg

まずは美しいレイク・ルイーズを半周してトレイルヘッドへ。
馬の背にゆられても登れる場所なので、足元のボロに要注意!(笑)
ここも冬に滑ったけれど、夏はまただいぶ違う印象。。。


c0195804_16362940.jpg


c0195804_16365710.jpg

あらキレイ。ひゃーキレイ。。。 ずんずん登っていくと、目の前に氷河が現れた。
まだまだ登るぞ。


c0195804_1640421.jpg

噂の可愛い Tea House
スタッフが水から何から食材をすべて人力で運びあげているそうだ。
一休みしたい気分だったけれど、先を急いでまだまだ登るぞ。


c0195804_16422154.jpg


c0195804_16433017.jpg

滑ったら真っ逆さまな急勾配のガレ場を登っていくと・・・


c0195804_16441741.jpg

てっぺんに、滝があった! もちろんその水はグレイシャー。超冷たい! 天然シャワー!!


c0195804_16455588.jpg

後ろを振り返れば、遠くにレイク・ルイーズ。

c0195804_16463635.jpg



c0195804_1647353.jpg


c0195804_16475368.jpg

まだまだ余力があったので、ちょっと寄り道してLake Agnes へ足をのばした。


c0195804_16494331.jpg

You made my day...


c0195804_1650161.jpg

バンフとレイク・ルイーズの間のハイウェイから見える、キャッスル・マウンテン。
厳かなヨーロッパのお城を思わせるたたずまい。雄大なカナダらしい風景。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-22 16:54 | Trip  

Banff


c0195804_17151585.jpg


c0195804_17154077.jpg


c0195804_1716525.jpg


c0195804_17162461.jpg

Bow River
夏のバンフ。何気なくとったホテルがなかなかロケーションの良い一軒宿。
雨が降った後には、かなりの確率で虹が見えるという場所に位置していた。
ボウ川まで歩けて、そのまわりのトレイルにてお散歩。水がきれい。冷たい。
いやはや、冬の景色とはガラリと違って、緑が目にまぶしい。


c0195804_17223416.jpg

カルガリーまでビジネスで飛んできていたおねーさんと偶然にバンフの町中で遭遇。
お互い、ビックリ!(笑) ばったり出逢った場所とは、今が旬のレストラン Coyotes 前。
カナダのレストラン事情はこの人に聞け!なワケで、ちゃっかり便乗して一緒にブランチ。 
ベリーのパンケーキをチョイス。美味。


c0195804_17292694.jpg


c0195804_1729633.jpg

私はやっぱり、町にいるより山が見える場所にいるほうが好きみたい。
車を走らせていると、ホっとするのはなんでかな。
同じ山々でも、アルバータ州とブリティッシュ・コロンビア州では違いを感じる。わりに強く。
そういうのを感覚で感じ取ることも、自然の中でのおもしろさ発見、なんだろうな。



山の妄想が膨らんで、、、勢いあまってスキーブーツを買ってしまった。。。
夏なのに、冬支度・・・(笑) しかもバンフで。
遅かれ早かれ買い替えは時間の問題だったのと
ショップスタッフと話をして、使い方や滑り方などからも他に選択肢は無い、との判断。
私の足サイズが微妙にまたがるため、シェルサイズをどちらにするか
エキスパートのスタッフの兄ちゃん2人がかりで検討してくれて、こちらもすっきり納得。多謝。
抱え込んで、飛行機に乗る、の図(笑)。 我ながら、モノ好きですな。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-21 17:41 | Trip  

Canmore


c0195804_17524390.jpg


c0195804_1753762.jpg


c0195804_17532678.jpg


c0195804_17534715.jpg

Grassi Lakes
夕方5時頃からトレイルに入って、さささっとレイクまで一気に登る。
すごく濃く深いグリーンブルーの湖面。ガラスのよう。。。

c0195804_1758544.jpg

上を見上げると、、、いたいた!岩にはりつく人たち。
ここもクライミングのメッカ。

c0195804_15453570.jpg

山の麓にキャンモアの町。コンパクトなのだけど、意外と大きい印象。


c0195804_1801741.jpg


c0195804_1803778.jpg

キャンモアのダウンタウン。 雨あがりの町並みと空気。におい。 すごく好き。
都会のカルガリーから少し車を走らせればあっという間。



c0195804_182498.jpg

食のプロにオススメされたレストラン、Crazy Weed にてランチ。
チキンのサンドウィッチをオーダー。バジルソースのサラダとともに。
言われたとおり、シーザーサラダも堪能。サッパリしていて、美味美味♪
食の充実は、旅の充実にも直結しているなぁ(笑)。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-20 18:10 | Trip  

Discover Canada


c0195804_151745.jpg

とうとう夏のカナダにやって来た、Dr. K
冬の渡加回数は私の上をいくハズだが
いつも脇目もふらず雪山直行のため、スルーしていたこの地にランディング。

私のアウトドアの師匠、、、というよりも、メンター的存在かな。
まぁよく研究もしているし、身体も動かしていること!
もちろん体力差があるので、ついていくのは途中であきらめるけれど。(どだい待ってないし。笑)
そういえば、運動時パワーアップのためもあってマウスピースをオーダーしていたらしいが
この人はいったいナニをドコを目指しているのだろう・・・!?笑

アウトドアに関する知識は豊富。ギア関係のセレクトも、おまかせコース。
知識と経験がミックスされてショップ店員以上に説得力があるゆえ、Dr なのである。。。
専門以外の未経験分野については、知ったかぶらないところも、また信頼がおける。

さあさあ、新たな夏のカナダを外遊びで堪能してもらうため、
ゆるスペシャルツアーのハジマリハジマリ~。
私の体力に合わせたスペシャル感が若干漂うけれど。。。笑。
ちょっとやそっとじゃ満足しないツワモノどもを唸らせるコト、モノを提供しなければ!(汗)
その後も、続けて同じ匂いの仲間たちがやってくるぞ~(汗)。
[PR]

by yuru-life | 2010-08-17 01:11 | Life