<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

Beautiful Days

c0195804_9342237.jpg

ぽかぽか春を思わせるような暖かな陽気も今日までらしく、明日からは雨だとか。
外が暖かくなると朝早く起きられない現象が続いている私は、
動物本能の真逆をいっていますね(汗) なぜかしら?

こうお天気が良くっちゃぁ、カメラを構える手も喜ぶというもの。
寒い冬にはほんと、手袋をした手をさらにポケットに突っこんだまま、外に出したくなかったぐらい。
もうちょっとマシな場所から撮りたかったダウンタウン方面。
雪をかぶったスキーコースは、たぶんグラウスマウンテン。(たぶんです、たぶん・・・)
手前には、建設途中のオリンピック村の一角のビルが見えます。

c0195804_9435254.jpg

友人が短期滞在しているイエールタウンのコンドからも、オリンピック村が目の前に見えました。
開催まで1年を切っているのに、大丈夫か?間に合うのかな、こんな状態で。
世界的経済危機も吹き荒れ、建設費にかかわる予算建ても困難を極めていると聞きます。
オリンピックの功罪、いろいろ考えさせられますね。
[PR]

by yuru-life | 2009-02-22 09:48 | Life  

Trip to Quebec City 4

c0195804_16443472.jpg

夜の風景。
いろいろ楽しめた東カナダ。寒かったけど。
モントリオールではほとんど写真を撮らず。
フレンチカナディアン率80%のケベック州では、
フランス語と英語のはざまで複雑な歴史が見え隠れ。
モントリオールで出逢ったイタリア人とポーランド人から、さまざまなことを聞いた。
でも彼らもモントリオールを愛する人たち。
バンクーバーでのオリンピックにはまったくもって興味が無いそうな(笑)。
さすが大陸、広いのです。

c0195804_1650593.jpg

[PR]

by yuru-life | 2009-02-21 16:52 | Trip  

Trip to Quebec City 3

c0195804_16444166.jpg

ケベックシティ3日目は、美味しいフレンチトーストとフルーツのブランチから始まり、セント・ローレンス川をフェリーで渡って対岸へ。
川面に流れるアイスを見ていると、寒さ倍増~。でも本当に絵になる街、ケベック。


c0195804_1652191.jpg

振り返ってみると、旧市街のシンボルともなっているフェアーモントホテルがどどん。。。
友人たっての希望で、このホテルに泊まっていた私たちは贅沢者です。
値段は日本の高級ホテルに比べると格安なんですけどね。


c0195804_16562326.jpg

犬も靴を履く寒さ。雰囲気のある街並みに融け込む上品さがあるのかも。ある意味ね。
[PR]

by yuru-life | 2009-02-18 16:58 | Trip  

You Are Never Alone

c0195804_17181850.jpg

旅日記の途中ですが、ちょっとブレイク。
あまりにも気持ちの良い天気が続いているここバンクーバー。
今日も、ぬけるようなスコーーンとした青空でした。気持ち良すぎて、バスで通りかかった海沿いのお気に入りの公園前で、思わず途中下車しそうになったほど。

いかんいかん!と思いながら、約束の時間に遅れないように急いだらちょこっと早く着きすぎてしまったので、イングリッシュ・ベイまで足をのばしてみました。
ひゃーー、海も空も青いっ!!

右端にある石像、わかりますかね?
ちょうど1年後に迫っているバンクーバー冬季オリンピックのロゴマークにもなっているInukshuk。
カナダ極北の先住民族イヌイットが、石や岩を人間が腕をのばした形に積み上げた道標。
いろいろな意味があるそうですが、そのひとつは、「あなたはひとりじゃない。」
Friendship、Hospitality.....


c0195804_17311699.jpg

日もとっぷり暮れた夜。ちょうどカナダプレイスを通りかかったら、昼間お天気だったからか空気が澄んでいて対岸のノースバンクーバーがくっきり。

海と山の両方が自然に生活にとけ込んでいるバンクーバー、やっぱり大好き!
こうした景色を見るたびに、今こうしてここに居られることに感謝する日々です。
[PR]

by yuru-life | 2009-02-17 17:41 | Life  

Trip to Quebec City 2

c0195804_2545020.jpg

ケベック2日目は、バスで小一時間離れたところにあるアイスホテル Hetel de Glaceへ。
毎年1月初旬から3月下旬の期間限定でオープンする氷で造られたホテルとはいったいどんなんだろう?という興味もあり。。。

ケベック郊外のリゾート地に突如現れる白い要塞。
入口に立ってみると、以前TVで見たシーンを思い出す。あぁ、これ!これ!!
中に入ってみると、室内温度は-5℃。
外はもちろんもっと寒いので、風が遮断されている分だけ暖かく感じる。

c0195804_321525.jpg

エントランス部分には、氷で作られた大きなシャンデリア。
中に埋め込まれたライトが七色に変化していき、それだけでキレイ。
氷が融けて、落ちてきやしないかと思ったり(汗)。

c0195804_384710.jpg

肝心な部屋はぜんぶで36室。意外に多いんです。氷のベットに氷のナイトテーブルという質素な造りながら、必要最低限にしてじゅうぶん。動物皮をシーツ代わりにして、その上にシュラフにくるまっておやすみなさい!という感じ。でも、寒いだろうなぁ。。。

c0195804_3124861.jpg

カフェ・バーもしっかり完備。さすがに身体が冷えてきてしまったので、私はホットチョコレート、友人はカナダワインをオーダー。ワインはこれまた氷でできたグラスにつがれてサーブされます。
それにしても、ここで働くスタッフは大変だろうなぁ・・・(私には絶対にできない・・・)

c0195804_3164326.jpg

このアイスホテルはアウトドア・ブランドであるNorth Faceがスポンサーしています。
建設過程のメイキング映像を見ることができたり、装備、道具など解説展示してあるブースも発見。食い入るように映像を見つめる私・・・ おもしろいっ!
30,000トンもの氷を削るのは、やっぱり最後は手作業なのですね。すごい。

c0195804_3264558.jpg

ホテル全景。1月のグランド・オープニングの夜にはたくさんの人で賑わうのだとか。

最後、スタッフの黒ウェアがなかなか格好良かったので、係りのおじさんをモデルにパチリ。
c0195804_3223256.jpg


c0195804_3225960.jpg

次の瞬間、「あれ?俺の顔を撮らないの?」と飛びっきりのビックスマイルが!!
はいっ、しっかり撮らせていただきましたよーー!(笑)
[PR]

by yuru-life | 2009-02-16 03:29 | Trip  

Trip to Quebec City 1

c0195804_18341750.jpg

カナダに来て以来、毎月なんだかんだ小旅行をしたりしていましたが、
ここへ来てがっつり1週間旅三昧しようと選んだ地は、極寒のケベックシティとモントリオール・・・

初のカナダ東部。寒さは覚悟していたとはいえ、「なんでまたこんな時期に行くの?」と尋ねまくられ、行く前から「スキーウェア上下を持って行ったほうがいいよ。」とか「英語つうじないよ。」とかさんざん脅されてたけれど、行ってみれば、まったくそのとーり!!(笑)
街ゆく地元の方々の多くは本当にスキーウェアを身にまとい、微妙に英語が通じない…。

でもそんなことより、旅出発前日までハードな生活をしていたので、疲れが溜まっていたのか、ケベックに着くなりモーレツな睡魔に襲われたワタシ・・・。
飛行機の中では眠ることができないのもそんな体調に拍車をかけたらしく、ケベック空港から街まで乗ったタクシーの中でコックリコックリ。ランチを食べながらコックリコックリ。急遽友人のスノーブーツが壊れたため、靴屋で品定めをしている時もひとり椅子に座りながらコックリコックリ。。。
(Sちゃん、ごめんなさいっ!)

突き刺さるような冷たい風で顔が痛いというのに眠気はいっこうにおさまらなかったけれど、
とにかく行くべし!な、「Carnaval de Quebec」をのぞいてきました。

c0195804_18551857.jpg

世界最大のスノーフェスティバル会場では、たくさんの雪像やイベントで大盛況~。
ひととおりまわって、カナダ東部に来たならば!な名物メープル・タフィーをお試し。
少し加熱されたシロップを雪の上でぐるぐる固めて舐めると、あら、美味しい!
食べ方を教えてくれたカナディアンと話が長くなり、気がつけば手にしていた半分以上のシロップが雪でぐるぐるする前に寒さで凍ってしまって食べられなくなったことは、気にしない(汗)。

相変わらずの睡魔と戦いながらも、ふとした瞬間に凍った道に足をとられてツルリといってしまうのに気をつけながら、旧市街を散策。
ヨーロッパに似た趣きのある街並みは、本当に素敵で、とってもLovely!!
時々目にする馬車がまた街の雰囲気にしっくりとけ込んでいて、ついついカメラを向けてしまう。

c0195804_1982292.jpg

Saint-Louis通りにて。
[PR]

by yuru-life | 2009-02-15 19:13 | Trip  

All for the best...

c0195804_2302028.jpg

やっと節目を迎えられた。カナダに再びやって来た目的の半分を達成。
毎日がドラマ以上にドラマの連続で、泣いたり笑ったり怒ったり心配したりの繰り返し。
そのさなかでも、私は元気を人に与え続けなければいけない、その難しさ。
自問自答を繰り返して、最後に行き着いたところは、
「自分で見て聞いて感じたことだけを信じよう。」ということ。

みんな、頑張って今を生きてるんだなぁと、しみじみ。
人の記憶に残る生き方をしたい私。
これまでも。これからも。
[PR]

by yuru-life | 2009-02-08 02:38 | Life