カテゴリ:未分類( 5 )

 

Haida Gwaii

c0195804_11391557.jpg

この美しいジョージア海峡よりもずっとずっと北の、カナダとアラスカとの国境近くに
大小150以上の島々から成るクィーン・シャーロット諸島がある。

以前から、なぜか行ってみたいと強く魅かれる場所。ここにも度々書いた。
私にとってのインドと同じく、「呼ばれないと行けない」神聖な地でもあるような気がする。
それは、人類はこの島々で貝から生まれたという伝承があることと無関係ではないだろう。

悠久の時の流れのなかで、自然とともに暮らしてきたハイダ族。
レインフォレスト(温帯雨林)と海の恵みを存分に生かし
自然の摂理にのっとった文化を築きあげてきたファースト・ネーション。

ワタリガラス、ハクトウワシ、サーモン、ハイイログマ ・・・
動物や植物などの自然界のシンボルがレッドシーダーの巨木に彫りだされ
歳月に風化されるままに朽ち果てつつある、
クイーン・シャーロット最南端に位置するアンソニー島のトーテムポール。
それは、信仰崇拝の対象物としてではなく、家の柱として、目印として、
時には人間の墓場として造られたもの。
トーテムポールの上部をくり抜いて遺体を埋葬した後、その上に偶然落ちたトウヒの種子が
人間の身体の栄養を吸収しながら根づいているものもあるという。

19世紀の終わりにヨーロッパ人がもちこんだ伝染病によりハイダ族は壊滅。
20世紀に入ると、強国の博物館による美術品収集という荒波に飲み込まれ、森林伐採も進み・・・
諸島北部で伐採される木々の主な輸出国が、
実は我々の住む日本であるという事実にも複雑な想いを抱く。


生き残ったハイダ族の子孫たちによって、時の止まった昔のままの風景が守られ、
そこに静かに存在しているトーテムポール。
移築するとその霊気が失われるという。
ありのままの姿を、ありのままの空気感の中で。
島を訪れる人々の数もさりげなく制限され、他の観光客と顔を合わせないような配慮も、
そのウォッチマンたちによってなされている。

+++

彼らが持つのは、石の文化ではなく、木の文化だ。
だからこそ、永遠ではない。永遠でないものは、ない。
自然のサイクルの中で、万物は自然に還る、だたそれだけのこと。

あと30年もすれば、朽ちかけつつあるトーテムポールは
すべて森の中に消えてしまうだろうと言われている。
それ自体、悲しいことではないし、悪いことではない。
自然のサークルの中に、すべてがあるということだけだ。

ただ、倒れてしまう前に、消えてしまう前に、この目でしっかり見ておきたいと思う。
現代を生きる私たちに対する強烈なメッセージが、そこにあるような気がしてならないから。
見る人によって、おそらく感じることが違ってくるような気がする。
だからこそ、一緒に行きたいと思ってくれる人がいるのならば
気持ちを素直にシェアし、そして、感じたことを聞きたいと思う。

欲しいものはなんでも手にすることができる現代。
お金では買えないなにかが、確かに存在する。

写真家、星野道夫の著作を読み、
行きたいという想いをさらに強くしている今日この頃。

c0195804_11415328.jpg

[PR]

by yuru-life | 2010-11-23 11:46  

Hummingbird


c0195804_35764.jpg

北米の、自然と共存する古代の生活。
ノースウエストコースト先住民のモチーフになっている動物のシンボルの意味を知れば知るほど
そのスピリットやレジェンドに興味が湧いてくるネイティブ・アート。

なかでも、愛と幸せのメッセンジャー、Hummingbird (ハチドリ)が大好きだ。
先日もまた大好きなネイティブ・アートの専門店で可愛いグッズを見つけてしまった。。。
ハミングバードの T シャツ。 一緒にいた E ちゃんのお許しが出たので、さっそくお買い上げ(笑)。

実は昨年、同じ店で出逢ってしまったのだ。何気なく手にとったハミングバードのリングに。
クイーンシャーロット島在住の作家さんのもの。
アクセサリーになってしまうと動物モチーフもデフォルメされ
可愛らしすぎてしまったりなんの動物かがわかりずらいものも多いのだが
それはかなりシンプルにハッキリと力強くデザインされている1点モノ。
そして、切り抜き&くり抜きデザインのため、サイズ調節ができないものなのだが
偶然にも私の指にはピッタリで。
「なかなか自分に合うサイズのものには出逢えないんですよー。」と、すでに顔なじみの店員さん。
最後は少しだけ値下げしてくれたのだが、どうしても思いきらないといけない高額だったため
3ヶ月くらい迷っていたが、結局買わなかった。。。

見ないように、見ないようにしていたが、チラリとその作家さんコーナーをのぞく。
ちゃんと見なかったけど、まだあったのかなぁ。。。。また見に行ってみようかな。


c0195804_4211395.jpg

                   The Artist; Ding Hutchingson

Hummingbird は、世界最小の鳥。
しかしその生命力は逞しく、小さな身体なのに飛行距離はハンパない。
そして、花蜜などを吸う際もホバリングしながらで、常に羽を動かしているため運動量も凄い。
じっとしていられない、なんて、誰かさんみたいね(笑)。


A Symbol of Love and Beauty.
They are joyful messangers who represent peace, affection and good fortune.
The Hummingbird is also known as a healer.





*pics from nativenture products
[PR]

by yuru-life | 2010-07-19 04:36  

No title


c0195804_23395653.jpg

ただ、生きていて欲しい

生きている意味がわからない時は
無理にわかろうとしないでいいし
わからないままでいい

生きているだけで素晴らしいことなのだから


そう伝える側だったのに
今は、そう励まされている。


ありのままの自分を受け入れて
いっぱいいっぱい愛してあげよう。

自分のことが嫌いな私の、自分への試練。


心のスイッチ、OFFします。
[PR]

by yuru-life | 2010-06-10 23:59  

Meet Up in the mountains


c0195804_21473883.jpg

いつもの群馬から新潟へ遠征。
大雪の後なので、遠くの山々まで真っ白。
晴天無風の良きコンディションの中、バックカントリーへ。
視界が開けている山が、やっぱり好みだ。登っていて楽しくて、テンションが上がる。


c0195804_21495287.jpg

ゲレンデに戻ってきてレストハウスで、またまた知ってるガイドさんに遭遇。
そして、次の瞬間、なんだか見覚えのある顔が遠目に見えた。
でもすぐには誰だか思い出せず、トイレに行ってしばし考え、戻ってきてもう一度顔を見たら
向こうも気がついたよう。

えーーっと、もしかして・・・

あーどうもどうも! とお互いすぐに笑顔に。
しょっちゅう行っているアウトドアショップの副店長だったOさん。
ソフトな語り口と丁寧かつ的確なアドバイスが私の中で好感度ナンバーワンだった人(笑)。
とにかくスキー大好き!な兄ちゃんで、こんど一緒に滑りましょう!としょっちゅう話しながらも
転勤してしまって何年も会えずじまいだったのだ。
思いがけない久しぶりの嬉しい再会! しかもフィールドで。

ちょうどOさんと一緒に滑りに来ていたTさんが、友人たち御用達の同じショップの別支店の店員さんでこちらも偶然の再会ということで、みんなで大盛り上がり。

それならば、ということで、さっそくフィールド・セッションへGO!
「この集団、カッコいい~!Wow~~!」とTさん、大声で叫びながらコース外へと消える。
そう、滑るところは、当然のようにコース外。
みんなハイテンションでがんがんスプレーまき散らしながら飛ばしまくる。怖い集団だなぁ(笑)。

「すごいスピードあるね。ぜんぜん大丈夫だね。」と褒めてくれながら
ついてきて!とばかりにテレマークでびゅんびゅん滑り下りていくOさん。
この人たち、いっぱい良いスポットを知っていそうで、ちょっと刺激的・・・。

別れ際、山小屋の話をして誘ってみると...
「知ってますよ~。お客さんからもちょこちょこ聞いてますよ~」とOさん。
おやおや、ちょっと話題になっているのかな?
こうして、遠征先でも山の仲間たちが増えることが、単純にとても楽しい。


c0195804_21504775.jpg

今年は雪の量がものすごいことになっている。
群馬の山小屋は、除雪が入らないので冬の間は荷物の出し入れから何から一苦労。
今年は雪が深すぎて4駆車もスタックし、エンジンも簡単にはかからず
ヒーターが効かなくなる凍てつく寒さが続いている。
雪かき必須、水道管も一晩で凍る。(これは毎冬のこと)
多少不便でも、その不便さを楽しみに変えてしまう何かが、ここにはある。

c0195804_2151218.jpg

そしてそんな山小屋には、ゲストが多数訪れる。
みんなで山遊びをし、温泉に入り、食事を作り、アツイ話を深夜まで繰り広げて夜を明かす。
そして翌日はまた一緒にフィールドへGO!だ。

ほぼ毎週ハジメマシテな方々とこうやって出逢って、一緒に遊ぶのもなかなか刺激的だ。
もともと、シーズン問わず、山遊びの基地として自分たちで建てた山小屋。
たくさんの人たちに訪れてもらって、仲間になって楽しい時間を共有する、、、
まさにこうした使われ方は理想とするところ。
そして同時に、情報交換の場にもなっている。これも、とても大事なこと。
雪山で遊ぶには、セルフリスクマネジメントは必須。
みんな、本当によく勉強していると思う。山に対して真剣な人たちばかり。

こうして無限に広がる横のつながりが、ひとつのムーブメントになって
いつの日か、何かがここから発信されることを、切に願っている。



c0195804_21515320.jpg

         可愛いゲストたちも、山小屋生活を一緒に楽しむ。癒される時間!
[PR]

by yuru-life | 2010-02-10 22:25  

Cherry blossoms

c0195804_2584766.jpg

ちょっと見ぬ間にバンクーバーの桜が盛りを迎えてました。
ところによっては散ってしまっていたけど、住宅街の桜はまだまだこれから!なところも。
今年は咲き始めるのが遅かったんだって。ふーん、そうかぁ。
なんせ初めての経験なもんで、バンクーバーにこんなに桜の木が多かったなんて知りませんでした。

c0195804_321923.jpg

あー、きれい・・・。
濃いピンクの桜も、いいもんですね!
[PR]

by yuru-life | 2009-04-27 03:01