...


いまは、誰かとつながっていると感じられることで、救われる自分がいる。
一言でもメールをくれたり、Facebook に書きこんでくれる人たちの温かい言葉に救われている。

余震がいまだにおさまらず、外に逃げ出してばかり。
M9.0以降の余震でも、家のダメージが進行している。いまは為すすべがない。
余震なのか新たな地震なのか、震源地がバラバラで恐怖。
ひとりでいる時間が怖くてたまらない。
ここでさえそうなのに、被災地のことを思うと胸が痛んでどうしようもない。

悲惨な現状を伝え続けるテレビから少し離れようとするのだけれど
水道が復旧したとか、原発はもう心配ないとか、少しでも明るいニュースがないかと
結局は見ながら待ち続けてしまう。メンタルがおかしくなる。

あまり報道されてはいないが地割れやビル半壊などの被害のあった東京。
被災地に比べれば、首都圏近辺の人的物理的被害ははるかに軽微だが
停電や交通機関のマヒ、物流の鈍り、買い占め品薄などで怒号がとびかうほど
世間はパニックで混乱状態、ここもまた、”現場”だ。みんな生きるために必死だ。

だが、暖かい家があり家族が無事でじゅうぶん食事をとれる人たちまでもが
不安を煽るような行動をしてはいけないし、
いま命を賭けて必死にライフラインを支えてくれている人たちまでも責めないでほしい。

淡々と、今、できることをしなければ。
冷静に、いつもどおりに。
ちょっと不便だけど、原発に関する政府発表に疑心暗鬼になってしまうけれど
怖くて逃げ出したくなる気持ちをおさえて、いつもどおりにしよう。


そうだ、パンを焼こう。
ガス・オーヴンも電気を使うから、停電になる前にね。

いま買おうにもなかなか売ってないしね。

*私のSOS要請に応えてくれて、関西から応援物資が届いた!感謝!!
 九州の知り合いからも送るよ~とのお申し出をいただいている。ありがたい。

[PR]

by yuru-life | 2011-03-17 16:31 | Life  

<< Double Smiles Let here be pea... >>