Year End 2010

c0195804_21494791.jpg

早朝から深夜まで毎日バタバタと動き回り、
英語と日本語が頭の中で交錯しながら睡眠4時間ちょっとの日々。
そんな状態の半月に渡るツアーが終わってホっ。

最後のスケジュールをこなして解放され、マッサージ店に飛び込んだ。
そして、ボロボロの身体を引きずって間髪入れずに車中泊アリの雪山ツアーへ。。。
我ながら、動きすぎ。である。
でも、いっぺんに気分転換ができるのも事実。ヤマの不思議。

c0195804_2151295.jpg

                                              @ Okutadami
終わってみれば、苦労したことも、うまくいかなかったことも、笑い飛ばせる余裕がある。
常にポジティブに。それもこれも、いろいろな人たちの協力無くしてはできないこと。
何かひとつ終えた後の、この達成感、一体感、充実感が好きなのだ。

1年前のちょうど12月にここに綴った想いは、今なお脈々と私の中に流れている。

私は、自分がいいと思ったモノや人をプロデュースして
それをたくさんの人たちとシェアすることが大好き。

自分の好きなこと、やりたいことをやって
みんなに少しでも喜んでもらうことを糧に生きていきたい。
その原動力となるものは、才能とかセンスとかではなく
ただ「人に伝えたい」という泥臭くも熱い想いと、知恵と工夫。そして、努力だと思う。

そのプロセスの中では、これでもか!と次々と予期せぬことも起こる。
冷静で素早い判断力と、確固たる強い決断力も絶対に必要。

そのどれかが欠けても、成り立たない世界の高みがある。
だから、難しい。 だから、楽しい。

究極には、自分が give したもので相手が笑ってくれていれば、それでいい。
ひとりよがりではなく、ココロとココロが通じ合えればこそ。
正直な、私の願い。私の想い。

c0195804_2232857.jpg

                                                 © Toshi
いつも、何かに挑戦していたい。
いつも、パッションを持ったチャレンジャーでいたい。

そして、何事も、「やりきる」ことを目標にしていたい。

とある資格試験合格の通知が届いていた。
スクールには行かずにひたすら独学&いきなりの飛び級受験&体調悪しという超ビハインド。
ほとんど往復の通勤時間しか勉強に当てられなかったが、やってやれないことは、ない。
それだって、かなりまわりの人たちに助けられた結果だ。感謝。多謝。
これからが、大変だけど。 できるかなー。


c0195804_2283081.jpg

後悔はしない。
したくない。
しないように、今を精一杯生きたい。

自分の気持ちに正直に生きて
最期に笑って死ぬために。

これが、私の、生きる「道」だから。


c0195804_2211776.jpg

                                                 © Toshi
それにしても。
あれだけ回数を重ねて頑張ってるつもりのアルペンよりも
年に1回か2回しかやらないテレマークの方がウマい!と絶賛されるのはナゼ?(涙)

ハテナが頭から離れぬまま、また山へ!!

今年も残すところあと10日! 
 

Love & Peace ☆
[PR]

by yuru-life | 2010-12-21 22:41 | Life  

<< Hakkoda Sasebo >>