Stawamus Chief !!!


c0195804_2325998.jpg

「ゆるの好きそうな山、登る??」と誘われて初めてここに連れてきてもらった時、
そのあまりの美しさに息を飲んだ。
それからというもの、私のなかで、戻って来たい場所ナンバーワンであり続けた。
お手軽な近さ、お手軽な山なのに、クライマー以外の日本人にはあまり知られていないのかなぁ。

バンクーバーから車で40分ほどの隣町 Squamish は、ずっと以前から住みたい町でもある。
ウィスラーへ向かう中間地点。空港からバスに乗ってしまうと、必ずや睡魔が襲ってきてスルーされてしまいがちな時間帯に通る可哀想な町(笑)。観光客の記憶に残らない町(笑)。 
いやでも、見どころ遊びどころ満載なアウトドア・フィールドがたくさん広がっている。

スタワマス・チーフ Stawamus Chief。 世界で2番目に大きな花崗岩でできた一枚岩。
氷河が残した素晴らしい贈り物だ。
世界有数のロッククライミングの名所であり、
Sea to Sky Highway 99 からも、岩に張りつくクライマーたちが見える。
バスでも行けるけれど、停留所から離れるため、ちょっと不便。
しかも、私のなかではチーフとセットのアソコに行けないじゃないか! という超勝手な理由で
マイカー持ちローカルSくんを巧みに誘い(笑)、車を走らせることにあいなった。。。

c0195804_3322273.jpg

Highway 沿い Britannia Beach 前にある、GALILEO COFFEE COMPANY.
ココよ、ココ。ここで美味しいコーヒーをマイボトルに入れて山登りするのよ!とまたまた宣伝(笑)。
浅めのローストは、特に男性などシアトル系の濃い味が好きな人にはもの足りないみたいだが
私はサッパリ軽い味が好きなので、ここはイチオシ!!
バスでは素通りしてしまうので、車で来るしかないお店。
しかも朝早く Open するぶん午後3時頃には Close するので要注意。


c0195804_3442533.jpg

コーヒーとこれまた美味しいスコーンを仕入れ、いざ、ハイクへ。
Shannon Falls という滝を右手に見ながら、トレイルを進む。 緑が鮮やか。
階段状のトレイルがかなりの急勾配でひたすら続くのだが
カナディアンの歩幅に合わせて造られているのか、どうしてもピッチが合わなくて倍疲れる・・・(汗)
前回登った時と同じ感想をもつ・・・(笑) 階段なんかにしなくていいのに、、、。
前日のYOGA と荒れる船上での仕事とで、足の筋肉痛が早くも出始めた・・・。


c0195804_34668.jpg

     リスもちょろちょろ。コイツはすばしっこい。写真がうまく撮れない・・・。


c0195804_349631.jpg

鬱蒼としたシダーの針葉樹林を抜けると、空が見えたっ!
絵になる2人と犬に遭遇。写真を撮らせて!と頼むと、OKだよ!とオイチャン、ポージング(笑)。


c0195804_414767.jpg

さあ、ここからが花崗岩登りの真骨頂。 梯子登りにつづいて、クサリ場。
カナダの岩山でこういった補助器具が設置されているところは珍しいとか。
ここらはスパっと崖が切れているため、滑ったらアウト。木に引っ掛かるとは思うけどね(笑)


c0195804_461417.jpg

お、ファースト・ピークに到着~。 さすが日曜日、先客多し。。。 見よ、このオープンスペース。


c0195804_473070.jpg

南西の方角には、ハウ海峡とハイウェイ。 どこまでも、エメラルドブルー。


c0195804_48542.jpg

そして東側には、セカンド・ピークとサード・ピーク。 ピークにいる人達がバッチリ見える。


c0195804_4105829.jpg

スコーミッシュのダウンタウン。標高600m ほどしかないので、肉眼で町の様子がハッキリ見える。


c0195804_4125215.jpg

  下から突然、クライマー、現る。 いいなーやりたいなー。絵になるなぁ。。。


c0195804_4142215.jpg


c0195804_4145269.jpg

ピークで風に吹かれながら頬張るスコーンとお気に入りのコーヒーの美味しかったこと!!
疲れも吹っ飛ぶ爽快さ。 でもボトルを倒したら下まで真っ逆さまだろうな~。


c0195804_4165234.jpg

下山後、ちょこっとスコーミッシュのダウンタウンへ。いい感じの田舎町。好きだなやっぱり。
ダウンタウンから町のシンボル、チーフを望む。


c0195804_4201838.jpg

さて、車でさらに北上して、ウィスラーへ。
でもヴィレッジには寄らずに、またしても好きな場所、Alta Lake へGO!
町はね、いいのです。パスです。自然の中に行きたいのです。


c0195804_422586.jpg

夏の日曜日は、どこも人でいっぱい。
だけど、気になるほどでもなく、これはこれで、いい。
ウィスラー・マウンテンとブラッコム・マウンテンの両方が見渡せる唯一の場所。
時刻はすでに6時すぎ。 まだまだ明るい夏の夕暮れ。


c0195804_4255747.jpg

Alta Lake のある Rainbow Park 入口で、2人組のお兄ちゃんたちに声をかけられた。
「クマがいるよ。そのカメラで撮るといいよ。でもちゃんと距離を保ってね!」と・・・。
「えぇっ近づいても大丈夫?」と聞くと、「大丈夫だよ!」と。

んじゃ、ということで小屋の後ろにまわり、、、カナダで初めてブラックベアを目撃!
その距離、10mぐらいかなぁ。。。これ以上は、、、無理!(笑)
ちょっとコーフン!!! 人間ともの凄い近い距離で生活してるんだなぁと改めて痛感。
お互い、ほどよい距離感を保って踏み込まないでいないとね。
[PR]

by yuru-life | 2010-07-29 04:37 | Trip  

<< Full Moon Kayaking Dinner Cruise w... >>