Mushroom Picking !!

c0195804_2273858.jpg

それがどこなのか、地元民は黙して語らない。
暗黙の了解で、会話の中で推理しなければならない。
うーーん、広すぎて、わからない(笑)。

友人たちが昨年、マツタケを収穫したという場所。
そことはまた違うエリアから、マッシュルーム・ピッキングをスタート。

c0195804_2302952.jpg

ここはまだ平坦な方だな。ほんと、崖に次ぐ崖で足場が危うい。
鬱蒼と茂る藪をかき分けて、狙いを定める。
キノコが生えていそうな場所を探し求める。
ヒントは、湿地帯+ヘムロックの林の中+オープンスペース、この3つ。
ピッキングというよりも、気分は勝手にハンティング!(笑)。

c0195804_2352032.jpg

獣道もたくさんあって、動物の気配を感じる。
・・・とそこで発見したのは、なんと、ムースの骨!! ひぇ~~。

c0195804_2362677.jpg

ワイルド・ジンジャーが足元にたくさんあった。
レモングラスに似た、とってもいい香り。
ハート型が可愛くて、立ち止まってはかがんでじっと匂いを嗅いでいた私・・・。

c0195804_2482774.jpg

さて、場所をちょこちょこ移動しつつ、友人の野生の勘を頼りに探しまわっていたら、
とある場所にて、こちらのマッシュルームを発見!

和名、杏茸。こっちでは、Cantharellus シャンテールというオシャレな名前がついている。
見た目、エリンギ茸っぽい。

c0195804_2502684.jpg

「これ、旨いんだよ~♪」
この言葉にのせられ、エッサエッサと探しまわったら、あるわあるわの大豊作!
こうやって、来年の次世代のために、根っこからちょこっと上をナイフでカットして採る。
土にもぐっていたり、なかなか見つけるのが大変だったけど、見つけた時の嬉しさは倍増!

それぞれ皆夢中になりすぎて、はぐれかかる。(汗)
私はと言えば・・・、スキーパトロールでもある友人にビーコン(人間探索機)を持たされ、
ピッキングしながらビーコン練習もしていたり(笑)。
自分の超アナログなビーコンが、雪山では実は一番使い勝手が良いということを知る。
意外や意外。今まで使いこなせなかったけど、今冬から頑張ってみよう。。。

c0195804_259118.jpg

こちら、ロブスター茸。
あまりに毒々しい色だったので、もっと前に見つけていたのだけど、
これが食べられる種類のキノコとは知らなかったので、ミスしていた。残念っ。
食感は、コリコリ。

c0195804_304769.jpg

ダウンタウンから車で20分ほどの場所には、バイクトレイルがたっくさん。
このあたり、冬にはスノーモービルのパラダイスにもなるとかで、山遊びのメッカ。
もちろん、車で行くには Logging Road (木材を伐りだすためのオフロード)を走らなければならないので、4WDは必須。
そんなわけで、私もMT車の運転練習をさせてもらった。エンストしたけど(汗)。

c0195804_35215.jpg

山間には、氷河湖と川が。

c0195804_361379.jpg

c0195804_361715.jpg

こんなところで Camp Tour できたらいいねぇと盛り上がった。
だーれもいない氷河湖で、カヌーもいい。
さすがグレーシャーだけあって、水が冷たいっ。
抜けるような青空が、目に眩しいっ。 この季節の外遊びは最高っ!!

c0195804_39139.jpg

コロンビア川が湖になる地点、Upper Arrow Lake
この湖を対岸に渡るカーフェリーに乗ると、南の Nelson 方面にも行ける。

c0195804_3102820.jpg

さてさて、半日のピッキングで収穫はこの通りっ!!
雨不足でマツタケは今年は期待できないかな、とは友人談。
でもでも、シャンテールとロブスター、美味しそうだよ。
というわけで、いそいそと帰宅し、オシゴトの後は、、、

c0195804_3113420.jpg

作らせていただきました。
シャンテールとロブスター茸、ビーンズのクリームソースパスタ with Soy Milk
パスタ600g以上は軽くあろうかという量は、大食い3人前。
どんだけ食べるんだ!?(笑)
ソースと絡ませる段階で、腕が痛かった・・・。

採れたてキノコは、最高のご馳走!
[PR]

by yuru-life | 2009-09-30 03:17 | Trip  

<< Walking around Kokanee >>