Kits Beach & Vancouver Museum

c0195804_281697.jpg

c0195804_15545100.jpg

c0195804_157272.jpg

お天気の良い日が続いているここ、バンクーバー。
短い夏、過ぎゆく夏をいつまでも堪能していたい、、、
そんな思いの強いカナディアンたちはまだまだ夏気分。

c0195804_203571.jpg

c0195804_21675.jpg

こんな良い天気も今日までかしら?・・・と思い、私も久しぶりにキッツ・ビーチへ。
真夏ですか!というぐらいの露出度で、ビーチで思い思いに日光浴をしている人たちがたっくさん!
真ん前に見えるスタンレー・パークの木々がうっすら色づいてきていて、すっかり秋の気配。
季節の移り変わりは、本当に早いっ!

c0195804_225897.jpg

ビーチに1軒だけ建っているレストラン、Watermark
なかなかナイスなロケーションで、サンセットを見ながらのディナーはまた格別。
ええ、ムードのかけらもない大勢&混合チームで行ったけれど(笑)。

c0195804_295662.jpg

私のお気に入りのバイクコースでもあるシーウォールを海沿いにテクテク歩き、
着いた先は、バンクーバー・ミュージアム。
前日のフリマのお手伝いの御礼なのかはわからない!?が、
ここで働く N が招待してくれていたのだ。
N よ、しっかりお仕事してるじゃんっ!という私の感心を知ってか知らずか、
ウキウキと熱心に館内を案内してくれた。
バンクーバー歴1年にして、初めて足を踏み入れる場所である・・・。

c0195804_214360.jpg

言ってみれば、バンクーバーという比較的新しい街の歴史が一目でわかる展示がされていた。
企画展もやっているのだけれど、ちょうど終わってしまったところだったみたい。
中国系移民がどのようにやって来たか、ありし日のジャパン・タウンの様子、ヒッピー文化の隆盛、
1910年前後のロブソン・ストリートの様子などなど、なかなか興味深かった。
プラネタリウム・ドームみたいなシアターで、First Nations のフィルムを観たり。

c0195804_2194757.jpg

スペース・センターというのもあり、アトラクションで"未来への旅"みたいなやつにも乗ってみた。
昔、遊園地などにあった、3D映像とともに自分の乗ったシャトルが動くアレである。
久しぶりすぎて、ちょっと気持ち悪くなったけど(笑)。

c0195804_2214582.jpg

N に別れを告げて、ビーチへ戻る途中にいたカナディアン・グース。
リスやスカンク、スタンレーパークの方だとアライグマなんかも、もう見慣れてきてしまったなぁ。。。
いやいや、森の中に街がある、そんな印象のあるバンクーバーはやっぱり素敵。

c0195804_2323538.jpg

シーウォール沿いにそそり立つトーテムポール。
文字を持たなかったハイダ族がたくさんの意味を込めて掘り出した、精霊界の力が宿ると言われる歴史的遺産。移築してしまうと、その力を失うという。
世界遺産として移築されず、自然に朽ち果てる様も見ることができるクイーン・シャーロット島のトーテムポール。
なんとなーく近い将来行けそうかなぁという気になってきた、ハイダの聖地に想いを馳せて。
[PR]

by yuru-life | 2009-09-15 02:40 | Life  

<< Trip to Okanaga... Davie Day >>