Revelstoke - 4 - Mt. Mackenzie

c0195804_10301870.jpg

なにやらごっついトランシーバーを持って・・・
タイミングを見計らいながら・・・

c0195804_1030557.jpg

暗号により厳重に管理されたゲートをくぐりぬける。
暗号、変えられちゃってて開かなくってちょっと焦った(笑)。
ヘルメットとサングラスしてATVバギーに跨って颯爽と上から走ってくるオジサンたちとすれ違った。
「遊んでるんですか?」 思わず聞いてしまったが、彼らはしっかりお仕事中。
"Blasting" 爆破中だ。。。

c0195804_1037778.jpg

ここは、Mt. Mackenzie にあるスキー場、Revelstoke Mountain Resort
古くからあるスキー場を大幅に拡張してリニューアルオープンしてから今冬で3シーズン目という、おそらくカナダで一番新しい、知る人ぞ知るスーパーマニアック!?なスキーリゾートだ(笑)。
まだ夏場のアクティビティエリアとしてはオープンしておらず、爆破と整地を繰り返してコース増殖中なので関係者以外立ち入り禁止。そんな場所を車で上がり、さらにてっぺんからハイクアップしてしまおうというのが、この日のハイキングプランだった。
写真に見えるのは、今現在このリゾート唯一のご飯処、Day Lodge 。

c0195804_10522473.jpg

現在のところ、ゴンドラ1本+リフト2本で、40本ほどのコースがあるが、まだまだ拡大中で、なんといっても北米ナンバーワンの高低差(Vertical) 1,713m を誇るこのスキー場。
見えるコース、見えるコース、やたらスティープ。。。。
なるほど、コースマップを見ると、そのほとんどが上級のブラックダイアモンド。(シングルとダブルの別は無い)。あとは下のほうに中級のブルーがちょろちょろ。
初級のイージーグリーンにいたっては、ほぼ1本しかない。
その1本の距離は、驚くことなかれ、なんと 15.2km!! なめちゃーいけない。15kmなんて足がつる!
ここは本当に、パウダー上級者中心のエクストリームなスキーエリアなのだ。
我々は、その唯一のグリーンライン、The Last Spike と名付けられたコースを車で登る。

c0195804_10594518.jpg

このスキー場のイメージカラーであるブルーのゴンドラ。 ピッカピカ~♪

c0195804_1113058.jpg

The Last Spike は大きくワインディングしている。
唯一の日本人マウンテンプロパトロールとしてここで働く T さんからのシークレット情報~。
パトロールの間で通称、ニンジャ、カタナ、カミカゼ、ゲイシャと日本語で名付けられたパウパウツリーランが4本あるという。パトロールたちにそれがどこだか聞いてくれてOK、ウェルカムだそう。
ジャンキーの皆さん、お試しあれ。

c0195804_1173793.jpg

オフロードを1時間かけてリフトトップの 2,225m 地点に到着。
この日は晴れていたがちょっと hazy だったのが残念。

c0195804_11153535.jpg

レベルストークのダウンタウンを望む。うむ、霞んでいるけれど、きれい。
流れるのはコロンビア川。左側は南に位置する Nelson 方面。

c0195804_11582119.jpg

さぁさぁ、ハイクアップ開始!ここはキャットスキー、ヘリスキーのメッカ。
我々は、バウンダリーを超えてキャットスキーエリアへと移動。いずれここもスキー場の一部になる予定なのだそう。トレイルはいっさい無いので、足場はけっこう悪い。が、一面の高山植物!!踏むダメージを最小限にとどめるため、同じ場所は踏まないように横列になって進むのが山のルール。

c0195804_1225570.jpg

うほっ!きれい~。
Nelson でも見た赤い Indian Paintbrush が、ここではとっても肉厚でビックリ!
太陽の光を燦々と浴びて多肉植物みたいにムッチリ。

c0195804_1264199.jpg

目の前に、標高 2,608m の Mt. Cartier 。


続く。
[PR]

by yuru-life | 2009-08-27 12:29 | Trip  

<< Revelstoke - 5 ... Revelstoke - 3 ... >>