Revelstoke - 2 - Abbott Ridge Hike

c0195804_1372731.jpg

Revelstoke 唯一のアウトドアカンパニーとはつゆ知らず、ネットで調べて普通に英語で問い合わせをしたら、日本語で返事があってビックリ。カナダ在住15年になる日本人ガイド、T さんからだった。
オフィスでもろもろペーパーワークをして、さっそくオススメの Glacier National Park 内にある
Rogers Pass 近く、Abbott Ridge Trail に連れていってもらうことにした。

c0195804_13132082.jpg

このあたりは氷河エリア。冬にはキャットスキー、ヘリスキーのメッカとなる。
国立公園内のため、もちろんリフトなどは無い。2000m~3000m級の山々を縫うように走る国道1号線からハイクアップしてバックカントリースキーに興じるツワモノも多いらしい。
スキーパトロールでもあるT さんにおいしいラインを教えてもらった。ほほぉ、確かによさげなシュートがたくさん。そこを滑れと言われたら、実際はこわそーだけどね。
写真は、Mt. Sir Donald   足元にはハックルベリーがたっくさん。

c0195804_13272793.jpg

lllecilleweat Campground の脇の駐車場に車を停め、ハイク開始。
Trail の入口は、昔の Canadian Pacific Railway (カナダ大陸横断鉄道)のレール跡そのものだ。レール幅にトレイルがちゃんと残されている。
1885年、A.B.Rogers の功績により、この厳しい山岳地帯に鉄道が敷設された。ゴールドラッシュのその時代、この鉄道が無ければBC州はアメリカの一部になっていたそうだ。
そしてトレイルの入口には、鉄道旅客たちが利用していたホテル Glacier House 跡があった。
ちなみにこの場所は、北米における Sports Climbing 発祥の地でもある。

c0195804_134115100.jpg

しょっぱなから勾配がキツイので、ゆっくりゆっくりハイクアップ。
1時間半ほどで、Marion Lake に到着。ここでカナディアン家族としばし談笑し、彼らはショートコース、我々は景色を楽しめるロングウエイをチョイスして別れる。

c0195804_13434110.jpg

途中、さっそくお楽しみのWildlife、山のアイドル、マーモットを発見!
すばしっこいが、可愛い~♪ ピーーィッという甲高い鳴き声がホイッスル Whistle のようだ、ということでウィスラーの地名の由来にもなったそうだ。マーモットからきてるなんて、知らなかったなー。

c0195804_1350341.jpg

登れば登るほど、どんどん景色が鮮明に美しくなる。この日は本当に、ハイキング日和!
谷を隔てて反対側に見える右から、Sir Donald、 Uto、 Eagle、 Avalanche と名前がついている山々。雄大だなぁ。

c0195804_1354057.jpg

雪渓エリアもアリ。雪靴ではないため、慎重にトラバース。でないと、あっという間に滑落してしまう。なんでもないように見えて、意外と斜度がある。

c0195804_1403947.jpg

c0195804_144267.jpg

c0195804_141331.jpg

c0195804_1413828.jpg

アネモネ、ユキノシタ、アスターなどなど、高山植物もたっくさん。
チチチチチーッ。 しょっちゅう聞こえる鳴き声は、Pika (ナキウサギ)。
姿は見えるけど、マーモットよりもすばしっこくて、写真には撮れず。

c0195804_1471499.jpg

さぁ、Tree Line (森林限界) を超えて、ガレ場の連続になってきた。まだまだ登るぞ。

c0195804_1495735.jpg

このあたりはちょいとヘバり気味だったので、昔スキー写真を撮っていたというT さんにカメラを託し、ハイクに専念することに(笑)。いやね、忙しいの、撮って登って撮って登ってってするのが!

c0195804_14142420.jpg

上に見える尾根まで登る。先はまだまだ。T ママも頑張る。

c0195804_14155064.jpg

ここでちょっと一息。ちょっとした池がとてもきれい。持参した水がウマいっ!

c0195804_14184240.jpg

ようやくランチタイム。まさに山間を走るトランスカナダハイウェイ(国道1号線)を見下ろしながら。
豪雪地帯なので、冬の間はこの唯一の道路が雪で埋没しないように、ダイナマイトを使って常に雪崩コントロールがおこなわれている。
ガイドのT さんは雪崩のプロフェッショナルなので、道中ずっと、夏山ハイクなのに冬山話(笑)。
でもね、夏の間に地形を把握しておくことも大切なこと。木々の倒れ方、傾き方、枯れ具合などから過去にどんな雪崩がどのように起きたか推測することも大事。いろいろなことを教わった。

というのも、この写真でも見える国道沿いの Rogers Pass は、1910年に起きたカナダ史上最悪の大規模雪崩により多数の鉄道労働者たちが犠牲となった場所。
現在、世界で最も先をゆく研究がなされている Canadian Avalanche Assosiation (CAA/カナダ雪崩協会)はこの雪崩事故をキッカケにして設立されている。この件については、また後ほど。

c0195804_14324899.jpg

さっき通った池を上から眺める。正面の山々が水面に映っていて、とってもきれい。

c0195804_14345263.jpg

標高2000m は超えたかなーなところ。

c0195804_14354273.jpg

最後の難所。てか、急だなぁ。トドメだなぁ(笑)。

c0195804_14362731.jpg

登りきったら、誰かが作ったイヌクシュクが2体。
疲れちゃって手がブレて右に寄っちゃった写真・・・。

c0195804_14392575.jpg

End of Trail の文字が見えて、ここがピーク!! やったーーっ!!標高2300m ほど。
T さんオススメの岩を背もたれに、温かい紅茶とチョコレートで祝杯!

c0195804_14424458.jpg

そして、幅1m もない切り立った岩壁で、裸足になってYOGAを・・・。怖くて足上がってないし(笑)。
皆さん、真似しないように!

往復ゆっくりペースの9時間ハイク、満足!!
そのあとは、Rogers Pass へ移動。
[PR]

by yuru-life | 2009-08-23 15:05 | Trip  

<< Revelstoke - 3 ... Revelstoke - 1 ... >>