White Rock ~ nothing special but wonderful ~

c0195804_953882.jpg

c0195804_955381.jpg

c0195804_9541784.jpg

バンクーバーから南に45km ほど。アメリカとカナダを結ぶ国境の町、ホワイトロックに行ってきた。
誰もが口を揃えて言う・・・Nothing special だと。
でも、チャンスがあれば行きたいと思っていた場所だった。
思いはひとつ、アメリカを間近に見たい!だ。

行き方は簡単。バンクーバーからひたすら真っ直ぐシアトル方面に南に向かうだけ。
車で1時間もかからないで USA とのボーダーに行けるって位置関係にもビックリ。
その間、噂には聞いていたが、我が家から一度も道を曲がらないってことにもビックリ(笑)。

c0195804_1091657.jpg

c0195804_10141692.jpg

急な坂道を下れば、ワイドに広がるビーチ。
海はやっぱりいいもんだ。何もないけれど、ホっとする。

c0195804_10121195.jpg

海に突き出た長い長い桟橋。その長さ、450m とか。
ちょうど引き潮の時間帯。でもこの桟橋を往復したら、潮があっという間に満ちてきた。

c0195804_1018362.jpg

後ろを振り返ってみる。なんだか熱海みたい、と思ってしまうのはやはり日本人か(汗)。

c0195804_10212962.jpg

桟橋の突端ではクラブ(蟹)釣りをしてる人たちが。
このお兄さん、さかんに説明してくれるので、まわりには黒山の人だかり。
クラブはチキンで釣るそうな。えっ!?って事実。網には確かにチキンがくっついていた。
メスのクラブはリリースするのがルール。お兄さん、捕っては返し、捕っては返し、していた。

c0195804_10201240.jpg

ここの地名となったホワイトロックは、どこにあるのかなー。おっ、もしや、あれか?
近づいてみると・・・

c0195804_10261657.jpg

どんっ。。。
あったあった。。。期待する大きさじゃないよ、と噂には聞いていたのがよかったのかなんなのか、思ったよりも大きく、そして白くペイントしてあった。
氷河期の終わりにこのビーチに流れついたという、この白い大岩。重さ、486トン。
もちろん、もともと白かったそうなのだが、落書きが酷いため人の手によって白くペイントされているのだそうだ。
海上からの目印という役割を担っていた White Rock である。

c0195804_10305374.jpg

今日はフェスティバル初日。ビーチで室内オーケストラが演奏中。
曲目は、なぜか、カルメン(笑)。少々ゆるい演奏でも、景色と相まってなんだか和んでしまう。

c0195804_10331486.jpg

ビーチにあった地図からすると、目の前に見える部分はもう、アメリカ合衆国、ワシントン州。
目をこらすと、カナダ・アメリカ国境のピース・アーチもすぐ目の前だ。ここから車で10分程度。

c0195804_10352654.jpg

ビーチ沿いには、パブ、レストラン、カフェがずらりと立ち並んでいる。
やっぱり海の町。サンドイッチにオススメのクラムチャウダーをオーダー。
適当に入ったレストランは、なかなか良いロケーションだった。

c0195804_10384746.jpg

本当に何もないところだけど、夕陽がきれいそうだなー。
海はやっぱり、イイもんだ。

c0195804_10413514.jpg

砂に書かれた、なぜか、地名(笑)。

ケロウナで思い出したが、ちょっと前にオカナガン方面で大規模な山火事が発生した。
そしてつい数日前には、ウィスラーのブラッコムスキー場でも山火事が発生。
Fire Hazard が extreme になるぐらい、カンカンに晴天続きの乾燥続き。
落雷による自然発火だそうだ。
昨日、今日は少しだけ気温が下がったが、それでもあり得ないくらい暑い。
被害が大きくならないことを祈るばかりだ。
[PR]

by yuru-life | 2009-08-02 10:50 | Trip  

<< Celebration of ... Bearing the hea... >>