Bowen Island --1--

c0195804_14453457.jpg

ここ数日、気温がグっと下がって雨までしとしと。
夏とは思えない肌寒いバンクーバーが突然やってきて風邪気味だった私。
気合いで治して久々の青空が広がった今日、1 day trip に行ってきた。
目的地は、バンクーバーから最も近い島、Bowen Island。

別名、ハッピー・アイランド。Happy~♪ な島って??どんなだろう。
ワクワクしながら、Horseshoe Bay からフェリーに乗り込む。
島旅ではいつもお世話になる、大好きなホーシュー・ベイ。
その名の通り、馬蹄型をした小さな入り江。
ここからバンクーバー島やガルフ諸島などを結ぶたくさんのフェリーが往来する。
ダウンタウンからバスで40分。ボーエン・アイランドまでフェリーで20分。近いっ!!

c0195804_13314226.jpg

1万5千年前に氷河が通り、削られてできたといわれるハウ海峡。
北米で最南端に位置するフィヨルドなのだそうだ。カナダでフィヨルドってイメージに無かったなぁ。
複雑に入り組んだ美しい海岸線。右手にはウィスラーに続く Sea to Sky Highway (99号線)が走り、ハウ海峡はバンクーバーとウィスラーの中間地点に位置するスコーミッシュまで続いている。
海から空へ、だから、Sea to Sky と呼ばれるのだ。何度も言うが、このネーミングが大好き!(笑)

c0195804_1432976.jpg

フィヨルドの一角をなすボーエン・アイランドも、氷河が残した贈り物、と言われる。
なんて素敵なんだろう!
フェリーは穏やかに Snug Cove に滑りこんだ。

c0195804_1491440.jpg

フェリーを降りたら目の前にある、Bowen Steamship Company 跡。ギフトショップになっていた。
ここが、都会の喧噪を離れ、古き良きリゾート地として隆盛した時代の名残を垣間見ることができる。いつの時代も、人間なんて移り気なものだ。

c0195804_14185436.jpg

道路を挟んだ向かい側には、とっても可愛いらしいライブラリー。
ちょこっと覗いてみたけれど、雰囲気ある図書館だった。

c0195804_1420732.jpg

そしてその隣にあるインフォメーション・センターへ。こちらもとても可愛い建物。
まずはトレイルへGo!なので、情報収集を。
これまたわかりずらい大まかな地図で説明してくれたおねーさん。
トレイル、書いてないじゃん(汗)。
思わず、「詳細地図はありませんか?」と尋ねてしまった。
「無いのよ。わかりずらいでしょ」って・・・。申し訳なさそうに微笑むおねーさん。
それでも、こういうところはそれでいいのかもしれない。
カナダにいると、細かいことはどーでもよくなるのだ。

感じろ、そして、感じるままに動け。だな。 まったくもって、ノープロブレム。

この島も温帯雨林。巨大なシダーを、早くも見たくなった。
[PR]

by yuru-life | 2009-07-10 14:32 | Trip  

<< Bowen Island --2-- Vancouver Olymp... >>